NPO 法人 MOTTAI

当たり前の裏側にアクセスしやすい社会を創る

MOTTAIとは

農家や漁師や猟師の人口が著しく減っています。昭和50年から平成30年頃にかけて、農家500万→170万人、漁師50万→15万人、猟師50万→5万人。そして大半が65歳以上という状態です。

一方で東京一極集中が進み、農家や漁師や猟師の知り合いがいる都市部の人がどんどんいなくなっています。このような状況の中で、一次体験を増やし、関係人口を増やし、食について考える機会を増やすため、2020年にNPO法人MOTTAIが創設されました。

MOTTAIの活動

MOTTAIでは、次のような活動に取り組んでいます。

罠オーナー制度
罠オーナー制度

市民オーナーが罠の狩猟にかかる資金などを提供し、見返りとして狩猟や農業体験などをオーナーに提供するという仕組みです。獣害対策、関係人口増加、環境教育の機会増加、猟師の負担軽減などが見込まれます。

モッタイNight
モッタイNight

廃棄になりそうな食材を持ち寄って、カレーや鍋などを作る料理会です。元は代表菅田の友人が始めた「地球にちょこっと恩返し」をコンセプトに行われる活動でしたが、名前をのれん分けしてもらうことで様々な場所で行われるようになりました。

体験事業
体験事業

上記プロジェクト以外にも、禅から学ぶ食体験、古民家改装、農業体験、漁業体験、DIYなど様々な体験を随時企画していきます。

メディア掲載

今までに次のようなメディアに掲載して頂きました。

TEDx Keio USFC 登壇

YouTube TedxKeioUSFC

食べるを考える

YouTube 食べるを考える

ANN News "食"のウラ側にある命の重さを考える

YouTube 食のウラ側にある命の重さを考える

ニュース

MOTTAIの最新の活動やニュースは次の通りです。

MOTTAIをサポートする

MOTTAIの活動や理念に共感してもらえる仲間を探しています。プロボノやインターンや会員としての参加、寄付支援、講演依頼など様々な形でMOTTAIをサポートしてみませんか?

お問い合わせ

活動内容についてのご不明点・ご意見、会員登録、寄付、各種サポートについてのお問い合わせは、こちらのフォームよりご連絡下さい。

※ 送信後Google Formsの完了画面に遷移します